障害基礎年金
 国民年金(厚生年金や共済年金を含む)に加入している方などが障害の状態になった場合に支
給される年金です。



受給できる人
 ・障害の原因となった病気やけがで最初に医師の診察を受けた日(「初診日」といいます。
  )に国民年金や厚生年金などの年金制度に加入していた人。
 ・初診日が20歳になる前にある人。
 ・60歳以上65歳未満の方で老齢基礎年金を請求していない人。

受給の条件
 ・20歳から初診日の属する月の2月前までの被保険者期間で保険料未納期間が3分の1未
  満であること。(ただし平成28年3月31日までは前途の未納が3分の1を超えても初
  診日の属する月の2月前の直近1年間に未納がなければ認められます。)
 ・障害認定日等での障害の状態が国で定められた基準にあること。

障害基礎年金の目安  
障害年金1級  障害年金2級

請求の時期
 ・初診日から1年6月を経過した日か、それ以前でも症状が固定と認められる日(「障害認
  定日」といいます。)から請求できます。ただし、65歳過ぎの人や既に老齢基礎年金を
  請求した人はその時点からの請求は出来ません。


障害基礎年金支給額(平成27年度)
 ・1級 975,100円
 ・2級 780,100円

 ・子の加算(請求時に18歳到達年度の末日を経過していない子、20歳未満の障害等級1
  級または2級に該当する障害者が対象)
  第1子・第2子 各224,500円
  第3子以降     74,800円