地域生活支援事業

 地域で暮らす障害のある方の状況に応じて、市が独自に取り組む福祉サービス


・移動支援事業

 重度視覚障害者、全身性障害者(両上肢、下肢とも身体障害者手帳1級相当)、知的障害者、精神
 障害者等が円滑に外出できるよう、移動を支援します。


・生活サポート事業

 介護給付支給に該当しない方について、日常生活に関する支援・家事に対する必要な支援を行いま
 す。


・地域活動支援センター事業

 創作的活動又は生産活動の機会の提供、社会との交流等、障害者の地域生活を支援します。


・日中一時支援事業

 日中、障害福祉サービス事業所、障害者支援施設等において、見守り、社会に適応するための訓練
 を行います。


・日常生活用具給付事業

 障害のある方が、自宅において日常生活を容易にするため、日常生活用具の給付や住宅改修にかか
 る費用の助成を行います。
 (日常生活用具の種類は、その障害の種類や程度によって異なります。)


・コミュニケーション支援事業

 @ 手話通訳者設置事業

   市役所に来庁する聴覚障害者の方に対し、手話通訳者が市職員との間に入って円滑なコミュニ
   ケーションを図ります。

    一宮庁舎1階 福祉課内 火・木曜日 10時15分〜15時
    尾西庁舎1階 窓口課内 水曜日   10時15分〜15時

 A 手話通訳者派遣事業、要約筆記者派遣事業

   意思の疎通を図ることに支障がある障害者等に手話通訳者を派遣し、障害者とその他の者との
   意思疎通の仲介をします。

   ◇ 対象者 市内に在住する聴覚障害者

   ◇ 対象  官公庁の相談・手続き、病・医師の受診、学校行事への参加等、社会上必要不可
         欠な用務

   ◇ 活動の範囲 愛知県内(市長が特に認める場合は除く)

   ◇ 利用料 利用料無料


・障害者相談支援事業

 生活支援を必要とする身体障害者(児)、知的障害者(児)及びその家族の方のさまざまな相談に
 対し、電話・面接・訪問等により総合的に対応します。


・移動入浴サービス

 家庭で入浴が困難な重度身体障害者に対して、1ヶ月に4回まで自宅に簡易バスを持ち込んで入浴
 していただくサービスを行っています。

   ◇ 利用負担金 3回まで無料 4回目のみ1,250円


・自動車改造、自動車運転免許証取得費助成事業

 身体障害のある方が就労等に伴い自ら所有し運転している自動車のハンドル・ブレーキ・アクセル
 等の改造に要する費用又は身体障害者自動車免許証取得に要した費用の一部を助成します。

   ◇ 対象者 

     自動車改造 免許証に改造箇所に係る条件を付された身体障害の方

     自動車運転免許証取得 視覚障害者を除く身体障害の方


・障害者(児)通所等交通費給付事業

 障害者(児)が障害者自立支援法に基づく生活介護、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援や地
 域活動支援センター、旧法施設支援、若しくは知的障害児通園施設及び保育所の障害児保育、肢体
 不自由児通園施設を利用する際に通所又は通園に必要な交通費について2分の1以内で給付するも
 のです。児童デイサービスセンターの利用者が特別支援学校等から当該事業所までの経路を当該事
 業所の通所バス等で通所する場合の交通費も対象となりました。


・成年後見制度利用支援事業

 成年後見制度が有効と認められる知的障害者および精神障害者に対して、市長による後見等審判開
 始等の申し立てやその費用及び後見人等の報酬の全部または一部を助成します。

   ◇ 対象者

     市内に住所を有する65歳未満の身よりのない重度の知的障害者または精神障害者で民法
     第7条、第11条、第15条1項に規定する審判の請求が必要と認められる方


自立支援法以外の障害者サービス


・寝具洗濯乾燥事業

 寝たきり等の重度身体障害者に快適な生活を送っていただくため、布団と毛布の洗濯乾燥サービス
 を行っています。

   ◇ 利用料負担金 無料

   ◇ 実施時期 6、9、12、3月の年4回


・配食サービス

 ひとり暮らしの障害者等に対し昼食を配達するとともに、安否の確認を行います。

   ◇ 対象者 身体・知的・精神障害者のみの世帯又は身体・知的・精神障害者のいずれかと高
         齢者又は児童で構成されている世帯

   ◇ 負担金 1食につき250円


・健康診査

 常時車いすを使用する在宅の身体障害者の方にじょくそう、変形、膀胱機能障害などの発生を予防
 するために健康診査を実施しています。

   ◇ 実施時期 毎年10月中旬

   ◇ 受診機関 市民病院・尾西市民病院・木曽川市民病院


・緊急連絡通報システム事業

 病気や緊急時に、市が委託した業者の受付センターに通報できる機器を貸与して、高齢者等の安否
 の確認と緊急時の迅速な対応をします。

   ◇ 対象者 外出困難な重度身体障害者


・家具転倒防止家具取付事業

 災害時におけるひとり暮らし等の障害者世帯の家具転倒事故の防止を図るため、寝室・居間等にあ
 る家具(和・整理・茶ダンス等)2さおまで家具を取り付けます。

   ◇ 対象者 ひとり暮らし障害者世帯など

   ◇ 負担金 金具代 1さお 600円または900円


・難病患者等が利用できるサービス

 ホームヘルパーの派遣事業

 家庭で生活や介護が困難な難病患者等に対して、24時間体制で必要な身体介護や家事援助サービ
 スをを行っています。

   ◇ 利用者負担金 利用者又は生計中心者の前年分の所得税額の年区分による負担基準額によ
            り算定した額


 ショートステイ事業

 在宅の難病患者等の介護を家族等が病気やその他の理由により、一時的(原則1週間以内)にでき
 ない場合に当該障害者等を施設(病院等)にお預かりするサービスを行っています。

   ◇ 利用者負担金 1日あたり1,550円


 日常生活用具の給付事業

 在宅の難病患者等に対し、日常生活用具の給付を行っています。

   ◇ 利用者負担金 生計中心者の前年所得税課税額により定められた額


・福祉タクシー料金の助成

 身体障害者手帳3級以上、療育手帳B以上、精神障害者保健福祉手帳2級以上等の方が、一宮市と
 契約するタクシー会社等のタクシーを利用した場合に、そのタクシーの基本部分を年間30回まで
 一宮市で助成するものです。


・市内公営駐車場の使用料の減免

 身体障害者、重度心身障害者と生計を一緒にする方又は戦傷病者で自動車税の減免を受けている方
 が、一宮市長が発行する「特別利用証明書」を携帯し、市営駐車場等を利用した場合に普通使用料
 の額2分の1に相当する額を減免します。